So-net無料ブログ作成
検索選択

匠の逸品(その4) [美術・音楽]


今回の逸品はヒデさん作のネット。その名も「雅豆」

コンセプトを決めたときには、まずサイズを重視した物でお願いしました。

これでかなりの大物も安心してキャッチする事ができると思ってます。

 

参考写真1:下は普段使用しているネット

ためしに、虹鱒をすくってみた。

参考写真2:かなりの大物の虹鱒も・・・

シーズンは是非、ネットと写真を撮りづらかった小物

ネットに見合う大物の写真を撮ることができますように・・・。

 


コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ぎょ・きょーん [社会]

本日発行の「釣り新聞ほっかいどう」の記事から

支笏湖に漁協が設立されて来年3月にも免許がおりて

遊漁規則も認可されるそうだ。

ただ今のところは対象魚種は「ヒメマス」だけらしい。

虹鱒やブラウン、アメマスは対象にはなっておらず、したがってヒメマス以外の

魚を釣るのには遊漁料の徴収は無いとの事。

とりあえず今のところ自分の釣りには影響は出ないけど

まぁ、漁協の方々はしっかりと管理してくださいな。


コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナルトの次は [技術・家庭科]

斬新なナルト型の断面にてガイドとの抵抗を減らすことにより飛距離を伸ばすコンセプト
発売された某社のフライライン。
いろいろな意味でだまされたと思ってたけど、また善良なこの私にあまーい、あまーい
ささやき声が今度はあの「3M社」から聞こえてきた。

来期のフライラインの新製品は「鮫肌」らしい。
その名も「シャークスキン」。顕微鏡写真をみると確かに鮫肌ですわ。
その鮫肌効果はナルトと同様らしいけど、また騙されてみようかな?

ちなみに記事はココ名古屋のラストホープさんのHP」です。


コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

熊だけじゃない!! [野外学習]

某ブログにて掲載された熊の足跡。大勢だったからか、それとも久々に見る

足跡に興奮したのか、あまり恐怖は無かった。まぁ注意をはらって行動しよう。

しかし、その翌々日に入った某河川にての事。

よじ登った堰堤から岸に移ろうと転がっていた倒木に一歩踏み出そうとしたその時、

「ぶーん」と言う音とともに股下をくぐり抜けていく飛行物体・・・。

スズメバチじゃん!!」

 

もう少しで倒木に作られた巣を踏みつけるところでした。

実は小さな蜂に刺されただけでも、アレルギー反応が出て死にそうになったりする自分。

こいつらに刺されたら間違いなく死ぬな・・・。

実は今のところ、熊よりもこいつらの方が怖いかな。でもカエルが一番怖い・・・・!


コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お知らせ

昨日、某ブログにていまだに謎とされている、熊の爪あとの記事の

オチが当方のブログにて公開されるといる摩訶不思議な現象が

発生しました。こちらとしては今後、某ブログにてどのようなオチが

展開されるのかを期待し記事の掲載を終了いたしました。

 


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

なんだかなぁ [野外学習]

9月は二つの川でサケ釣りをしてきた。(もちろん事前申請済み)

まずは毎年の恒例行事となっている忠類川。サケ釣り河川のパイオニアとして

個人的にはしっかりと管理されて楽しい釣りが出来ると思っているし、お気に入りの川でもある。

こう言うのも何だけど、あんな田舎までわざわざ行くくらいだから、釣り人もそれなりの心構えで、

それなりの用意をして、それなりの釣り方でサケを釣ろうとしている。

こんなのが、狙い通りの場所でフライをぱくっと喰ってきて、とても楽しい

しかし、今回初めて行った「浜益川」はヒドイ。酷すぎる・・・!

札幌から近いから人が多いのは仕方ない、自分もその大勢の構成員だし・・・。

自分が釣れなかったのも仕方ない、タイミングもあるし、腕のせいかもしれない。

でも、あのスレ掛かりを前提としてる釣り方としか思えない人々の多さにもうガッカリ。

ただでさえ捕食行動をとらないのに、巨大なスプーンのハイスピードリーリングなんて・・・

あんたらそれは釣りじゃないよ。通り魔と同じだよ、ジェノサイドだよ!!

ホームページに発表されてる釣果でルアーがダントツの結果なのも納得できる。

管理者サイドはあまり気にも留めてないんでしょうが・・・

なんか、申し込み時に前金で利用料を取られてることと言い、商品価値の低い川に遡上したサケで

漁協が一儲けするためのような気がして、釣りの途中でいやになってフテ寝してしまった。

きっと、来年は申し込まないだろうなぁ。


コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大物釣り師と小物釣り師 [ホームルーム]

我が家では大物釣り師の妻と小物釣り師の自分が存在している。

実際の釣りの話ではなく、懸賞の類の話だが・・・。

いや実際の釣りもそうかもしれないけど今はその件はおいておこう。

本日、2つの宅配便が届いた。

一つは私がちまちまとポイントをためて

虎の子のポイントが有効期限をむかえそうになり、あわてて交換した

ソニー製単三アルカリ乾電池8本パック」   やったね!

目覚ましの電池を交換して、ベストの中のマグライトの電池も交換して、

予備も入れておかないと・・・。

もう一つは、妻がクレジットカード会社の懸賞になんとなく応募してみて、

適当に選んだ品物 「ソニー製 Wi-Fiオーディオ

どのように使うんでしょう?箱をあけたとたんめんどくさくなって

また戻しました・・・。

しかしこのカジキマグロとタナゴよりによって同じ日に届きました。

大物釣り師の妻は過去に幾度と無く高額商品をゲットする一方、自分は

こつこつとポイントをためてささやかな商品を手にする・・・・。

まぁ、タナゴ釣りにはタナゴ釣りのカジキマグロ釣りにはカジキマグロ釣りの

それぞれ醍醐味があるということで・・・。


コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

匠の一品(その3) [美術・音楽]

以前より製作をお願いしていた竹竿が手元に届いた。

緑三号さんの竿の製作と一緒に我が家の分の注文を受けてくれたGENさんに感謝!

完成したこの竿、自分のは某名刀より「kotetsu」、妻のは自分の名前より「Nao」と

命名されました。ちなみにこの2本の竿は色やグリップ形状など見た目が全然違うけど

同じ竹の同じ部位から切り出した「夫婦竿」仕様となってます。製作者のGENさんの

ナイスな気遣いです。

 

で、早速「入魂の儀」をしめやかに執り行うために川へと出かけました。

狙うは、お盆の釣行で取り逃がした通称「忘れ物」。

「多くの釣り人が入渓している」とかの理由での魚へのハイプレッシャーではなく

今度、取り逃がしたらビルKさんが口をきいてくれなくなるのではというような

釣り人に対するハイプレッシャーの中で水面は爆発した!!

魂は入った。

 

                               写真提供:ビルKさん

でもこのロッドの想定している魚のサイズでは無いのでこんな無茶はせずに

今後はもう少しおとなしいサイズの魚を狙う為の相棒として大事にしていこうと思ってます。

「今のオイラ、竹竿LOVEだぜ」(緑三号さん風)


コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

蝉とセミ [野外学習]

それはそれはとても暑い日のこと

オレンジ色した不思議な色味のセミさんが、蝉さんに聞きました。

「どうすれば僕も蝉さんの様に本物っぽく見えるんでしょうか」

すかさず蝉さん答えます「”本物っぽく”ってワシは本物じゃ」

「しかし若いの!おめぇさんは泳ぎが下手や!もっとこう自然に

流れないとワシの様には見えないやろ、まぁナチュラルドリフトとか言う奴だな」

「いや、それはつまり・・・。僕の先っちょに糸がついてるでしょ!

その先で人間が僕を操ってるんですがそいつが下手でして・・・」

 

というような会話を妄想してしまうくらい、脳みそトロトロに暑い暑い一日でした。


コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年の新兵器 [社会]

 

誰もが一度や二度は手にしたことがある地図

学校の社会科の授業で地図記号を習ったり、白地図をみて

地理を勉強したりなどなど・・・・。

最近は電子地図やカーナビの地図などを利用する事が多いが

紙に印刷されたものは「見やすくて便利だなぁ」と思い

国土地理院の25000分の1地形図を大人買いしてみた。

よく行く河川全域を網羅したラインナップ。

「やっぱり地図は紙だな・・・」改めて思いました。

少しずつ川にポイントの印などの書き込みが増えて行くのが

楽しみだな。


コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。